圧巻の幾何学模様の大壺と、優しい絵付けが大人気。宮崎県高原町で「安真窯」を家ごと引き継ぐ方を募集

宮崎県
24時間以内に95人が閲覧しています

こちらの案件は、後継者募集中です。

譲渡希望金額
9,000,000円
募集締切まであと
財務・営業情報を
確認する
財務・営業情報を確認する

霧島連山のお膝元にある、自然豊かな宮崎県高原町。きれいな芝生と手入れの行き届いた庭木に囲まれ、まちの中心部から少し離れたところにひっそり佇むのが「安真窯(あんしんがま)」です。

安真窯は高原町で唯一陶磁器を作る工房です。運営するのは、鶴安行(やすゆき)さん・眞澄(ますみ)さんご夫妻。独学ではじめたという2人ですが、今では各美術展で数々の入選を誇る実力派。鶴さんの作品と庭を目当てに、車で1時間以上かけてこの工房を訪れる方も少なくありません。

工房を開いて15年、陶芸の腕前にますます磨きがかかってきたものの、安行さんの体調により工房を続けることが難しくなってきたため、工房を庭と自宅ごと引き継ぐ方を募集します。

一念発起して夫婦で開業。ゼロから独自の技法を編みだす

元々は趣味として陶芸を行っていた鶴さんご夫妻。2006年に一念発起して高原に窯を持ち、2人の名前から1文字ずつとって「安真窯」の看板を掲げました。

粘土の扱い方や陶器の焼き方を身につける場合、師匠のもとで20年近く学ぶのが当たり前の世界。オリジナルのやり方で作品を作ることは難しいとされているものの、安行さんは幾何学模様、眞澄さんは葉をモチーフに、ゼロから独自の技術を確立。お互いの存在を励みに高め合いました。

安行さん「陶芸の先生にも無理無理無理って言われてたから、燃えるんですよね。じゃあ作ってみようと、本を読んで、手を動かしながら試行錯誤して作っていきました。最初は窯の温度の調整が分からず苦労して、焼き終わったら割れてることも何度もありました。最終的には鹿児島で1番の賞をいただいたりもしました」

安行さんが得意とするのは、圧巻の大きさで息をのむほど緻密に計算された幾何学模様の大壺。独自に編み出した驚きの手法で作り上げています。

安行さん「壺の実寸の図面を引いて、木工で型を作ります。型をろくろに水平に立てて、形を正確に守りつつ粘土を広げていく。今日は10cmつんだらやめ、テープで巻いておいてこしがでて固くなったら、ロープを作って上にまきつけてまた10cm伸ばす。その繰り返しです。私の幾何学は寸法が64通りなんですけど、1ミリ違うだけでもずれてしまいますからね。木枠をつくるなんて誰もしてないんじゃないですか」

一方、眞澄さんの作品は絵付けを施した作品が中心です。主に葉っぱをモチーフに、優しく爽やかな絵が並んでいますが、可愛い見た目と裏腹に、制作には多大な時間と工数が伴います。

眞澄さん「濃淡や奥行きをだすために、ブラッシングでやってるんですよ。絵の具を小さな粒にして画用紙に飛ばします。粘土はどんどん乾いてくるから、朝から晩まで振り続けないといけないこともあります。完成まで数ヶ月かかることもあります」

2人の気持ちのこもった作品は、ふるさと納税の返礼品としても大人気。地元新燃岳の火山灰を釉薬(ゆうやく)に使用するなど、地域に密着し多くの人々から支持を受け愛されてきました。

2人が今までに受賞した、賞状と作品の数々

そんな鶴夫妻の生活に変化が訪れたのは6年前。安行さんに前立腺がんがあることが分かったのです。療養のため、娘さんがいる鹿児島へ。約2年前に窯を閉じ、時々高原に帰り庭の手入れをするため帰省します。

「私は全然凹まんですよ。今が一番調子いいくらい」と豪快に笑う安行さん。今は新しい趣味の裁縫に勤しむ日々です(こちらもプロ級!)

しかし、やはり気になるのは手塩にかけて育ててきた窯と庭のこと。高原で陶芸にチャレンジしたい人がいたら、譲りたいと考えています。

良い気持ちで作品を鑑賞してほしい。こだわりの庭。

安真窯の魅力は陶芸品だけではありません。前職で造園業を経験した安行さんの手がける庭も、来る人の心を掴んでいます。

緑豊かな庭の中で話す、安行さん

安行さん「庭と陶芸はセットですね。工房に来てくれたお客さんがパッと車から降りて『ああ芝生がきれいやね、庭もきれいやね』と庭を楽しんでくれてから、陶器を見ると、作品もよく見えると思っています」

眞澄さん「庭には、ブルーベリー、きんかん、柿、すだち、渋柿と、いろいろな木があって、世話をしているとどれもかわいく見えてきます。家ばっかりじゃなくして、この周りを綺麗にしてくださる方、それを維持してくださる方が、1番望ましいですね」

窯や庭はもちろん、工房をまるごと引き継ぐことを想定しています。家屋の中には、薪ストーブや家具家電もあわせて引き継げます。

陶芸教室で使用していた工房
多くの名作を生み出してきた窯

陶芸教室に、地域の食事処。引き継ぎ後の展開も幅広い。

鶴さんご夫婦は作品の制作に加え、「陶芸教室」も行っていました。

眞澄さん「多い時は週に5回の教室に、あわせて40〜50人の生徒さんがいました。もちろん大変でしたけど、やろうと思ったらやっていけると思います。ランチを出せる環境もありますし、体力がある人ならいろいろ展開があるのではないでしょうか」

手入れの行き届いた庭を一望できる畳の部屋

地域おこし協力隊としての採用も可能

高原町に移住したい方には行政が全面サポート。移住支援金事業やお試し滞在事業などもあり心強いですね。

ちなみに、今回の承継は地域おこし協力隊として応募することも可能です。高原町役場産業創生課の中武さんは、事業承継による新風に期待を寄せています。

中武さん「商工会との連携や移住支援、地域おこし協力隊の制度は準備していますので、継業を希望する人が来てくれさえすれば、その後の支援は可能です。近い将来、relayのサービスを使って継業してくれた方が高原町に新しい風を吹かしてくれることを期待しています!」

高原町役場産業創生課の中武さん。役場の方に気軽に相談できるのも地域の魅力のひとつ

心を込めた作品を通して、人との繋がりを広げてほしい

安心窯とご夫婦でゼロから立ち上げたお2人。工房を開いてよかったのは、何よりも人との繋がりが広がったことだと話します。

安行さん「新聞に取材されたことがきっかけで、車で3時間かけて来てくれた89歳のおばあちゃんと息子さんがいました。『高齢なのに新しいことにチャレンジするあなたの気力に感動した。あなたの作った湯呑や急須でお茶を飲んで、あなたの気力を分けてほしい』と言ってくれるんです。これだけで陶芸をやった甲斐があると思っています」

眞澄さん「陶芸ももちろん楽しかったんですけど、人との出会いが1番やってよかったことだと思います。陶芸教室の生徒さんは、今でもメールでやり取りしているし、陶芸がきっかけで友達もできました。その友達がオカリナ教室に通っていたので、過去にはオカリナのライブを庭で開いたこともあります」

陶芸をベースにしながら、引き継ぎ後には地域の人の憩いの場となる事業も展開できそうな今回の引き継ぎ。オリジナルのやり方で、ゼロから工房を作り上げてきた鶴さんご夫婦。お2人の想いを受け継ぎ、豊かな自然と人の繋がりがあふれる工房で新しくチャンレジをはじめませんか?

事業者情報

商号 陶工房 安真窯
所在地 〒889-4412 宮崎県西諸県郡高原町西麓4239-6
代表者 鶴安行
創業 2012年
業種 陶芸
従業員  
営業時間 現在営業なし
定休日 現在営業なし
応募条件 個人法人どちらでも可
宮崎県高原町で事業を引き継いでみませんか?
この案件について問い合わせする

案件の詳細情報は有料となります

後継者募集案件の財務・営業等情報閲覧は5,500円/記事(税込)となっています。
会員登録後に「購入して情報を見る」ボタンを押して、手続きを行ってください。

財務・営業情報のサンプルを見る

※ご契約前に財務・営業情報の調査を専門家へ依頼についてはこちらをご覧ください

財務・営業情報等の購入について

財務・営業等情報の購入には会員登録と秘密保持契約の同意が必要です。まずは下のボタンから会員登録を行ってください。

会員登録はこちら 会員の方はこちら
  • 譲渡情報
  • 営業情報
  • 販売・仕入れ先
  • 譲渡品
希望譲渡金額 10,000,000円
※relayへの手数料(売買金額の3% or 30万円の高い方/税別)は別途発生します
譲渡理由 新規事業開始に伴う、事業整理の一貫
こだわり・セールスポイント ・新店舗開店情報から、事件事故などのニュース、経済情報までカバーした地域情報メディアの譲渡です
・10,000記事のストックがあり、月20〜30万円ほどの一定の広告収入が見込めます
・独自のライターのネットワークがあり、月に20-30人にライティングの依頼をしています
土地情報 本社は宮崎県宮崎市においていますが、東京にもコワーキングスペースを借りており、月に2度ほど上京し、 広告営業や制作会社との打合せを行っています。 これまでも支障はありませんでしたので、本社場所に関わりなく、運営できる媒体になっています。
諸条件 ・必要に応じて、現代表が一定期間アドバイザーとしての契約も可能です
・譲渡〆切日は2020/12を想定しています
・譲渡先が決まらない場合は、閉鎖予定です
譲渡対象資産 ・メディア運営に関わる一切の権利
・ドメイン、サーバーの移管、ロゴの商標権なども含みます
財務状況 負債なし
選考プロセス 一次選考:書類選考 → 二次選考:面談(現地orオンライン) → 三次選考:面談(二次選考でオンラインの場合の方のみ)→内定
※状況に応じて、面談の回数は増減します
過去の法令違反の有無
過去の税務調査などでの指摘の有無
会社組織に関連する人の反社会勢力の有無

収支

年度 売上 損益 利益率 平均単月PV 備 考
平成27年 ¥1,200,000 ¥600,000 50% 100,000 サイト公開
平成28年 ¥1,300,000 ¥650,000 50% 110,000 アドネットワーク追加
平成29年 ¥2,000,000 ¥1,000,000 50% 300,000 広告営業開始
平成30年 ¥4,000,000 ¥2,000,000 50% 500,000
令和1年 ¥6,000,000 ¥3,000,000 50% 800,000
令和2年 - - -
sample

販売先

場所 頻度 備考
1 株式会社A 月4回 メディア運営サポート(単価:20万/月)
2 株式会社B 月2回 オウンドメディアへの記事提供(単価:20万/月)
3 C医療法人 月1回 病院紹介とスタッフ募集のための記事広告(単価:10万/本)
4 D保育園 年1回 保育士採用と園児募集のための記事広告(単価:30万/本)
5 E市観光協会 年2回程度 宮崎県内の観光スポットの集客記事広告(単価:約15万/本)

仕入先

仕入先 品物 備考
1 株式会社F webデザイン webのデザイン改修時に都度依頼
2 G株式会社 web開発・保守 webの新規機能開発とサーバーの保守
3 NPO法人H ライティング業務 都度ライティング業務の依頼
4 他ライター多数 ライティング業務 全国の個人のライターに都度発注。紹介可能

譲渡品一覧

種別 品 目 メーカ・品名 スペック・個数など 購入日 参考定価
1 オフィス備品 デスク XXXXXXX 1000mm×700mm / 1台 平成27年 3万円
2 オフィス備品 チェア XXXXXXX 1脚 平成27年 2万円
3 オフィス備品 ディスプレイ XXXXXXX 27インチ 平成30年 10万円
4 オフィス備品 MTGデスク 2000mm×1000mm / 1台 平成30年 3万円
5 オフィス備品 MTG用チェア 4脚 平成30年 3万円

・事業整理に合わせて一部オフィス備品を整理します。ご希望がございましたら譲渡可能です。

  • 譲渡情報
  • 営業情報
  • 販売・仕入れ先
  • 譲渡品

relayでは事業の買い手を募集しています。

圧巻の幾何学模様の大壺と、優しい絵付けが大人気。宮崎県高原町で「安真窯...

この案件について
問い合わせする