植物育成用のLEDライトを独自に開発。可能性を世界に広げる後継者を募集!

愛知県
24時間以内に57人が閲覧しています

こちらの案件は、後継者募集中です。

譲渡希望金額
200,000円
募集締切まであと

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談はお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

白く輝くライトの下で、すくすくと育つ植物。こぢんまりとした書斎の中に、いちご、サニーレタス、さやいんげん、アボカド、サラダ菜が瑞々しく生い茂っています。部屋の持ち主は、愛知県新城市にある「有限会社クール」代表の寺田佳司さん。自身が開発した特別なライトを使って、日当たりの少ない室内で野菜や植物を育てています。

従来の、植物を育てるためのピンク色の強い光源とは違うナチュラルなLEDの光。アイデア次第で未知数の可能性が広がるかもしれない植物育成用LEDの未来を託せる方を募集しています。

10年の試行錯誤を経て、植物育成用のLEDライトを独自に開発

有限会社クールの代表、寺田桂司さん

寺田さんは理系の大学を卒業し、自動車部品メーカーなどでエンジニアとして活躍。独立した後は、WEB制作などの事業を展開してきました。ある時、地元の産業である電照菊に興味をひかれました。持ち前の探究心で調べていくと、電照菊向けのLEDライトはほとんど開発されていないこと、LEDや光の特性、基準となる現状の光源の特徴など、情報があるのに活かされていないことも分かったそうです。

寺田さん「農家は海外製の安いライトを使っているところが多く、メーカーも本腰を入れて研究開発しているところはなさそうでした。そこでまずは植物について学び、独自に考案したライトを、LEDを扱うベンチャー企業を営んでいた知人の助けを得て形にしました」

寺田さん「植物が育つのには光合成が不可欠で、光には最適な波長が含まれている必要があります。その波長は赤と青ですが、普通に組み合わせるとピンク色になってしまい、室内などの人が住む空間は向きません。そこで、植物の生育に必要な波長を残したまま、白い光を発するチップを上手く組み合わせることで、白い光ができました。光の強さについても研究を重ね、植物の生長に必要な、最低限の明るさを確保しました。

今までの農業用ライトのようにピンク色ではなく、柔らかくて白い光なので、生活空間や店舗などで使っても違和感がありません。LEDなので消費電力やランニングコストの削減も期待できます。寺田さんの10年にわたる研究と検証を経て誕生した、まさに革新的なライトです」

農業や自宅栽培、店舗利用から輸出まで。市場には可能性だらけ!

今までにない製品が生まれたものの、寺田さんは大規模な事業展開には踏ん切りがつかなかったそう。

寺田さん「年齢や体調を考えると、今後商売が大規模になった時にフォローしきれないと思って、二の足を踏んでしまいます。それでも、この商品は絶対に面白いので、ビジネスとして成功する可能性は高いと思うんです」

たとえば、農業用の電球だけを考えても、全国で500万球の需要があります。LEDの寿命が10年だとして、年に50万球の市場が広がっているのです。寺田さんが開発したLEDライトは、すでにJAでの販売や農家への導入、農業新聞での掲載などの実績もあり、ビジネス展開の基盤は整えられています。

ライトの特性を活かした自宅や店舗での栽培、植物工場での利用も期待できます。自然な光のライトであれば、生活空間にあっても違和感が無いので、光の当たりづらいワンルームやビル内の店舗などで、植物を育てることもできます。

海外への輸出にもビジネスチャンスがあります。日本はもちろん、コロナ禍でのガーデニングブームは欧米を中心に世界的に広がっています。

必要なのはアイデアとビジョンだけ。開発から製造・販売までサポート

寺田さんは、この商品をより広い分野で使ってほしいと願っており、どんなアイデアを持った人でも事業者でも、全面的にバックアップしたいと考えています。

寺田さん「改良に改良を重ねて完成した製品なので、技術力や開発力は必ずしも必要ありません。中国工場での生産体制も確立していて、工場との橋渡しはもちろん、輸入に掛かる業務についてもアドバイスできると思います。必要なのはアイデアとビジョンだけ!ご相談いただけば、どんなこともサポートしますよ」

「とにかく世の中に広め、使ってもらいたい」

寺田さんはその強い思いから、希望者の考えるさまざまな形態で、柔軟に事業や製品を託すことを決めています。

最後に、寺田さんの次なるビジョンをお聞きしました。

寺田さん「私もまだまだ新しいことをやりたいと思っていて、そのための時間が欲しいんです。だからこそ、私ではないどこかのアイデアマンにこのライトを知ってもらい、活用してほしい。そのための細い道筋が、今回の後継者募集です。日本中、世界中に新しいカタチの植物栽培が広まっていくのを、一緒に見たいですね」

寺田さんが研究・開発したLEDライトの可能性は、植物の育成はもちろん、まだまだたくさんの可能性を秘めています。アイデア次第で様々な挑戦ができるこの事業を引き継いで、アッと驚く製品やサービスを世界に向けて発信したい方からのご応募、お待ちしています。

事業者情報

商号 有限会社クール
所在地 〒441-1352 愛知県新城市豊栄1−185
代表者 寺田 桂司
創業 1999年1月21日
業種 製造業
従業員 0名
営業時間  
定休日  
応募条件  
愛知県新城市で
事業を引き継いでみませんか?
この案件について問い合わせする

relayでは事業の買い手を募集しています。

植物育成用のLEDライトを独自に開発。可能性を世界に広げる後継者を募集...

この案件について
問い合わせする