地域に愛されるカーテン専門店。感性を生かしてインテリア専門店を承継する後継者を募集!

愛知県
24時間以内に30人が閲覧しています

こちらの案件は、後継者募集中です。

譲渡希望金額
7,000,000円
募集締切まであと

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談は お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。

名古屋市緑区にある「アベインテリア」はカーテンを中心としたインテリアの小売専門店。フルオーダーの縫製や取り付け、気に入ったカーテンのサンプル貸し出しにも対応できる柔軟なサービスが人気です。緑区に根ざして歴史を重ね、顧客リストは1,000件を超えるほど。地域に愛される人気店です。

2代目として会社を経営する阿部社長は、新たなアイデアを持った若手に事業を承継しようと考えています。

インテリアやファブリックが好き、人の生活に密着した商売をしてみたい、感性を生かして暮らしの場を作りたいと考える後継者を募集します。

対応抜群!地域のカーテン屋さん

店舗の前に置かれたワゴンには、色とりどりの端切れがたくさん。小さな子どもを連れた母親が、熱心に吟味しています。

色も質感もさまざまな端切れがあるのは、アベインテリアがカーテン専門店だから。裁ち切られたカーテンの端っこを安価に提供しているのです。

「これ、いい色。子どものポーチに使います」。お気に入りの一枚を見つけたお客様と店員は、楽しげに会話を交わしていました。

アベインテリアはカーテンやブラインドを販売・施工する小売専門店です。椅子の張り替えや内装なども手がけていますが、メインはやっぱりカーテン。店内には丈の長いカーテンが所狭しと吊るされています。

阿部社長「小さな生地サンプルを見ただけでは、窓にかけたイメージを想像しづらいでしょう。名古屋には大手メーカーのショールームもあまりないので、お客様からもここだとイメージしやすいと評判です」

それでも想像しづらいというお客さまには、サンプルカーテンの貸し出しも行なっているそう。家に持っていって、実際に部屋や窓に合わせることで気づくことも多いようです。さらにフルオーダーで縫製を行い、1cm刻みで丈を調節しています。

阿部社長「フルオーダーなので、寸法調整だけでなく、フリルをつけたり、うわ飾りをつけたりといった特殊加工にも対応しているんですよ。納期にもできるだけ柔軟に応えていますが、今日中にもってこいと言われたら困っちゃうかな…(笑)

アイデアマンの先代社長が切り開いた道

アベインテリアが、前身のアベカーテンとして名古屋市南区で創業したのは1964年。先代社長は名古屋市の大須で、椅子やカーテンの問屋で修行を積んだのち、カーテンの小売店を開業しました。時は東京オリンピック開催や、イザナギ景気の真っ只中。新築住宅が次々と建てられ、カーテンもどんどん売れていったと言います。

先代社長は“10万円パックを打ち出し、どんな大きさの窓でも10万円ポッキリで、縫製から取り付けまでを請け負いました。通常10数万円かかるカーテンが、追加費用なく、10万円で購入できるプランは大好評。縫製を社内で行い、ダイレクトな仕入れなどを駆使して可能になった安価なパッケージ販売によって、売上はさらに伸びていきました。

現在お店のある緑区に移ってからも、先代社長のアイデアは絶好調。新築住宅の減少を補おうと、小中学校に緞帳や飾り幕、教室の遮光カーテンを販売したり、病院のカーテンをいち早くリース契約したりして、販路を拡大していきました。

阿部社長「私が社長になってからも、1日に4軒を回って朝から晩まで取り付けを行った忙しい時期もありました」

しかし住宅着工数は減少し続け、住宅の窓自体が小さくなるなど、カーテン市場は縮小していきました。また小中学校や病院向けのカーテンは、専門業者が競合となり、アベインテリアは売上を落としていきます。

阿部社長「先代が亡くなり、私も先が見える年齢になりました。業界自体も活況とはいえません。でも当社には長い歴史の中で1,000軒以上のお客様がついているんです。そう簡単に辞められない、誰かに店を続けてほしいという思いが強くあります」

顧客・業者との強いつながりが財産

創業から約60年の間に培われた顧客リストは約1,000件を数え、いつどんなカーテンを買ったか、窓のサイズなども詳細に記録されています。もちろん、全てのリストが現役の情報ではありませんが、常連客が店を訪れ、いまだにリストを参照して提案することもあるのだとか。過去には、年に24回もチラシ広告を入れていたこともあり、地域での知名度も抜群です。

またカーテンの問屋やメーカー、縫製業者との関係も非常に深く、柔軟な対応が可能。良いものを安く早く手に入れる基盤は整っています。カーテンに限らず、壁紙や照明などさまざまな内装業者とも取引があり、幅広い事業展開も構想できそうです。

阿部社長「お客さまの紹介でいらっしゃる新規のお客様も多いですし、長年の関係性は当社の財産ですね。先代社長が有名人なので(笑)メーカーや問屋の経営層とも懇意です。これだけの人脈や信頼が失われてしまうのはもったいないと感じます」

地域密着×感性でインテリアビジネスを展開してほしい

住宅の着工は減少しているものの、カーテン業界にとって明るい兆しが無いわけではありません。近年人気だった住宅向けのブラインドはブームが過ぎつつあり、多くの住宅はカーテンに回帰しています。北欧モダンの柄は人気も高く、さらに幅広い層の顧客を取り込めるかもしれません。

また、カーテンの素材や機能は年々進化しており、難燃性素材や抗ウイルス加工、紫外線防止、遮熱効果のある商品も誕生しています。織り方を工夫した「ミラーレース」は、室内から見ると普通のレース模様なのに、室外からは覗き込めない作りになっており大人気です。カーテンという市場・商品には、まだまだ大きな可能性が潜んでいるのです。

こうした市場の変化を追い風に、地域や業者との密着も武器にしながら、インテリアビジネスを幅広く展開してほしいと阿部社長は考えています。

阿部社長「インテリアやファブリックが好きな方なら、きっと楽しく展開できる事業だと思います。現場仕事もありますが、それほどハードな仕事ではありませんから、女性でも大丈夫です。お客様の生活に寄り添う喜びを感じる方に事業を託したいですね。」

圧倒的な知名度と顧客数を味方に、カーテンを中心に幅広く内装全般の提案ができる体制は整っています。
あなたの感性を存分に生かして、インテリア店をより魅力的なものへと変えていきませんか。

愛知県名古屋市で
事業を引き継いでみませんか?
この案件について問い合わせする

relayでは事業の買い手を募集しています。

地域に愛されるカーテン専門店。感性を生かしてインテリア専門店を承継する...

この案件について
問い合わせする