3代続く長野県岡谷市唯一のお茶屋「茶小泉」で、まちの賑わいを守る後継者を募集

長野県
24時間以内に17人が閲覧しています

こちらの案件は、後継者募集中です。

譲渡希望金額
23,000,000円

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談は お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。

3代続く長野県岡谷市唯一のお茶屋「茶小泉」で、まちの賑わいを守る後継者を募集

長野県の中心近く、諏訪湖の西岸に位置する岡谷市は、人口5万人弱のまちです。昭和の初めに近隣市町村が合併し、多角的工業都市として、地域の産業を支えてきました。

「茶小泉(ちゃこいずみ)」は、岡谷駅から続く童画館通り商店街に属する岡谷市唯一のお茶専門店。近くには岡谷の産業遺産として知られる丸山タンクや岡谷美術考古館、大型ショッピングモールなどの施設が揃い、人通りのある場所です。


現代表の小泉幸一さんは、この道40年を越えて店を守り続ける3代目。時代の変化を受けて一時は店仕舞いも考えたといいますが、ただシャッターをおろすのではなく、活用してもらえることがあれば建物まるごと承継したいと、後継者を探しています。

こだわりは専門店ならではの計り売り

茶小泉の創業は大正7年、小泉さんの祖父が奉公していた諏訪市の金鵄園(きんしえん)茶店より、のれん分けいただき金鵄園茶店岡谷支店として開業しました。


小泉さん「父の代になってからは、仕入れ先など独自で探して取引するようになり、今から26年ほど前に“茶小泉”という社名に変更しています。私自身は大学の頃に家業を継ぐことを考え始め、卒業後は静岡県にあるお茶屋さんへ勉強に行きました。代表になってから25年ほどになりますが、昔ながらの計り売りのスタイルが、うちのこだわりです」

店頭にずらりと並ぶのは、木でできた特注の茶箱。33種類ほどある茶葉は、馴染み深い煎茶やほうじ茶、玉露、芽の部分を使った濃い味が特徴の芽茶、番茶などが揃います。



小泉さん「この箱から、お客さんの欲しい茶葉を欲しい量だけ出して、紙の袋に版を押して、元結で縛って仕上げます。人気は“深緑”という煎茶で、100g1080円のものですね。いらっしゃるお客様は周辺の方、岡谷の方が多いかなと思います」

茶小泉では、茶葉の他に茶の湯道具販売もしています。



小泉さん「昔は近隣の茶道教室などから需要が多かったのですが、最近は減っていますね。先生に習うようなときに必要になる道具がほとんどで、水差しや細かな道具を包んでおく袋などを揃えています」


その他にも店頭では、フライパンを使ってほうじ茶を炒る焙煎体験を行ったり、急須を使って草木を楽しむ“観葉急須”を制作したり、在庫を活かしながら多くのアイディアを試してきました。

まちの中心地にある建物を活かしたい

昔は駅からまっすぐ通りがのびていて、茶小泉も商店街のなかにある一軒でした。景色が変わったのは平成のはじめ。岡谷駅周辺で再開発の計画がスタートし、当時は人の流れも大きく変わったといいます。

小泉さん「通りを遮るかたちでショッピングモールができることになり、横に移って建て直したのが今の場所です。30軒ほど店が連なる童画館通り商店街からは少し外れてしまいましたが、お祭りに入れてもらったり、情報誌を一緒に編集したり、ちょうどいい距離のお付き合いが続いています」


平成7年に建てた現在のビルは、3階建ての店舗兼住居。店前に駐車場があり、1階は店舗と倉庫、2階に和室と住居への入り口があり、3階は梯子をかけて登る物入れになっています。



小泉さん「せっかくなら茶道具の販売や展示会ができたらいいかなとか、お茶会ができるといいかなとか、2階の和室はそういった想定で設えました。なかなか活用できていませんが、この部屋も新たに活用してもらえたら嬉しいです。居住スペースは、もともとは私たちが住んでいたところですが、今は引っ越しているので、新しく来る方に住んでもらうこともできます」
生活様式の変化によるお茶離れや、自身が高齢になったこともあり、一度は店をたたむことも考えたという小泉さん。


小泉さん「少しずつ、閉店の準備自体は進めていました。問屋は増やさないようにして、取引先は自然に減っていった形ですね。昔は岡谷市のなかで、おじいちゃんおばあちゃんがやっているような小さな商店がいくつかあって、お茶を卸していたんです。誰か継いでくれるなら、この場所を任せたいと思うようになりました」

掛け合わせて伝えるお茶文化の可能性


お茶は嗜好品であり、植物であり、景気や環境汚染など、社会の動きによって売り上げが左右されやすいという小泉さん。お茶を淹れるという行為から離れてしまうと、人が戻ってくるのは難しいと感じることも多いそうです。


小泉さん「コロナ禍よりずっと前、消費税が8%に上がったころから、緩やかに消費は減っている気がします。そうしたなかでも、価値のわかるお客さんや昔から付き合いのある人たちが買いに来てくださるのはありがたいですね。茶葉の生産も、昔は新潟県の村上あたりが最北と言われていましたが、もっと北でも育てられるようになっていますし、鹿児島県あたりでも生産量が伸びています。先のことは分かりませんが、私たち販売者側にも、変化は求められていると感じます」

最近では、喫茶や製菓と組み合わせて営業する店や、品種、産地などこだわりの茶葉を仕入れて高級路線を目指す店など、差別化が進んでいるというお茶業界。店の歴史と新たなアイディアを掛け合わせることで、なにか新しいものが生まれる可能性が見えるかもしれません。

守りたいのは“賑わいのある景色”

大正時代から続く老舗ではありますが、「お茶屋として継いでほしいわけではない」というのが、今回の承継のポイント。建物や店内にある資材、お茶を焙煎する機械や商品の在庫など使えるものは使いながら、全く新しい形に転換して店をあけることも視野に入れています。


小泉さん「全部を買い受けてもらえる人、というのが1番の希望です。承継の形としても、辞める前提の話だったので、経営の面は特に、お任せしてしまいたいですね。ただ、今まで培ってきた経験や日本茶インストラクターの知識など、ソフトの部分はお手伝いできることもあると思いますので、相談してもらえたらと思います」

なによりも、シャッターの閉まった寂しい景色にしたくない、という小泉さん。岡谷市の振興のためにも、新しいアイディアとチャレンジを待っています。

事業者情報

商号有限会社茶小泉
所在地長野県
代表者小泉幸一
創業長野県岡谷市中央町1-10-12
業種小売業
募集形態事業譲渡
選考フローヒアリングシートの記載→relayメンバーと面談 or オンライン三者面談→現地面談


長野県岡谷市で、事業を引き継ぎませんか?
この案件について問い合わせする

relayでは事業の買い手を募集しています。

3代続く長野県岡谷市唯一のお茶屋「茶小泉」で、まちの賑わいを守る後継者を募集

一度、話を聞いてみませんか?

一度、話を聞いてみる
会員登録(無料)をすると案件に
お問い合わせいただけます
無料で会員登録する 会員の方はこちら
  1. オープンネーム事業承継 relay
  2. 長野県
  3. 3代続く長野県岡谷市唯一のお茶屋「茶小泉」で、まちの賑わいを守る後継者を募集