横浜中華街でパン屋開業!高級食パン店「ちょっと待ってぇー」の場所と機器を引き継ぐ新オーナーを募集!

神奈川県
24時間以内に15人が閲覧しています

こちらの案件は、後継者募集中です。

譲渡希望金額
15,000,000円

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談は お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。

横浜中華街でパン屋開業!高級食パン店「ちょっと待ってぇー」の場所と機器を引き継ぐ新オーナーを募集!

変わった名前の食パン店を見かけることが増えた昨今。

年間200〜300万人が訪れると言われる横浜中華街の一角にも、2022年8月末まで「ちょっと待ってぇー」という名の高級食パン店がありました。


同店を運営していた桜栄企画株式会社の折田哲朗さんは、内装、設備機器、厨房機器を引き継いでくれる後継者を募集しています。

横浜中華街協会に認められ、2店舗目をオープン

同社が拠点とする神奈川県横須賀市は、軍港めぐりが盛んなエリア。年間10万人のツアー客が訪れ、街に活気をもたらしています。

「ちょっと待ってぇー 横浜中華街店」

折田さんは、軍港めぐりに来た観光客のお土産として高級食パンに目をつけます。そして、1店舗目となる「ちょっと待ってぇー」を汐入エリアにオープン。反響も良く、2店舗目となる横浜中華街店が誕生しました。

折田さん「僕は横浜中華街協会の副理事長と仲が良いのですが、彼が『中華街にもっと日本の美味しい食べ物を入れたい』と考えていたところ、当店の食パンを食べてとても気に入ってくれたんです。そして、ぜひ出店してくれないかとオファーをくださいました。横浜中華街協会の仲間たちの支えもあり、汐入店と同じく一定数のお客様がつくお店にまで成長することができましたね

ベーカリープロデューサーの支援で未経験からスタート


実は、オーナーの折田さんは、まったくの未経験から同店をスタートさせたそう。店舗を順調に成長させることができた理由に、ベーカリープロデューサーの岸本拓也さんが運営するジャパンベーカリーマーケティング株式会社(以下、ジャパンベーカリー)の存在があったといいます。

折田さん「ジャパンベーカリーさんが、パンのレシピの提供や広告の打ち方、屋号やロゴ、看板のデザインなどをすべてサポートしてくださって。まったくの素人でも滞りなくスタートできるようにしてくれましたね」

折田さん同様、厨房スタッフのほとんどがパン製造未経験だったと言いますが、同社の研修が10日間ほど用意されていたため問題なく営業をスタートできたそうです。気になる店名「ちょっと待ってぇー」も、ジャパンベーカリーが横須賀市にゆかりのある山口百恵さんの曲名から着想して名付けたものだと教えてくれました。


折田さん「店名とデザインだけは徹底されていて、先方が提案してくださったものから選びました。その代わり、パンのレシピに関してはすべて自由で『こんな材料を使いたい』と伝えればその材料を使って試作品を作ってくれます」

同店も、パンにオリジナリティを出すため、アカシヤの蜂蜜やきび糖などを使いたいとオーダーし、今の食パンが出来上がりました。

パンづくりに必要な機器一式も承継

今回承継の対象となるのは、閉店したばかりの中華街の店舗。折田さんがお店の承継を決断した理由は、「既存店舗の営業に注力したいから」です。

折田さん「横浜中華街は観光客が多いので、高級食パンを求めるお客さまが思ったより少なかったです。土地の特性に合わせて食べ歩き商品なども考案して試作していましたが、同社はパン屋を専門でやっているわけではないので手が回りきらず、中途半端になる前に、既存の汐入店にリソースを注力することに決めました」


承継されるものは、旧中華街店の内装・設備機器、パンづくりに必要な機器一式(作業台、オーブン、大型ミキサー、冷蔵庫、ドウコン)です。


オーブンは、同時に25本の食パンを焼くことができる容量で、同店では1日に10回前後焼いていました。

旧中華街店が賃貸しているのは、1フロアあたり8坪の1〜4階まで(2023年2月末まで契約中)。1階は販売スペースとサンドイッチなどの軽食を製造するスペースがあり、2階はすべてパンの厨房だそう。焼き上がったパンはダムウェーターというリフトで1階に下ろす方法をとっていました。3階・4階は、スタッフの休憩室や倉庫として使用したといいます。

1〜4階がすべてつながっているため、4フロア併せての賃貸しかできませんが、賃料はすべて合わせて30万円。折田さんの知り合いである協会の副理事長から借りているということもあり、横浜中華街という好立地ながら、引き続きリーズナブルな価格で賃貸が可能です。

今回は、旧中華街店があった場所で新しいパン屋を開業する方への承継を一番に希望しています。しかし、「機器一式だけを譲渡し、別の場所で店舗を構えていただくこともできます」と、折田さんは話します。

承継される機器一式があれば、塩パンやキューブパンなど、食パン以外の製造ももちろん可能。パン生地を成形できる技術さえあれば、基本的にどんなパンでも焼けるでしょう。新たにパン屋を開業したい人にはとても大きなチャンスです。譲渡金額の相談にも応じます。

折田さん「旧中華街店は、水餃子で有名な「山東(サントン)二号店」の2つ隣にあり、食べ歩きをメインとした若者の人通りが多いエリアにあります。食べ歩きがしやすいパンや、中華風にアレンジしたパンを提供できると人気が出るのではないでしょうか」

横浜中華街の観光客に受け入れられるパンを作ってほしい


折田さんは、承継後の事業発展を強く望んでいます。

折田さん「個人的には、ジャパンベーカリーさんに入っていただいて、一から体制をつくった方がいいかなとは思います。ジャパンベーカリーさんも中華街で売るパンについて考えてくれていて、実際にごま団子食パンなどの試作品を作り、商品として出せるというところまでいきました。ぜひ、中華街に受け入れられるパンを作っていってほしいですね」

ぜひ、新しいパン店の開業、新しいパンの開発に挑戦してみませんか?

事業者情報

商号 桜栄企画株式会社
所在地 神奈川県横須賀市佐原4-1-9
代表者 折田 哲朗
創業 2019年8月13日
会社形態 株式会社
業種 不動産、旧車販売、製造業
従業員 32名
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
応募条件 2023年2月末までに譲渡可能な方
神奈川県横浜市で事業を引き継ぎませんか?
この案件について問い合わせする

relayでは事業の買い手を募集しています。

横浜中華街でパン屋開業!高級食パン店「ちょっと待ってぇー」の場所と機器を引き継ぐ新オーナーを募集!

一度、話を聞いてみませんか?

一度、話を聞いてみる
会員登録(無料)をすると案件に
お問い合わせいただけます
無料で会員登録する 会員の方はこちら
  1. オープンネーム事業承継 relay
  2. 神奈川県
  3. 横浜中華街でパン屋開業!高級食パン店「ちょっと待ってぇー」の場所と機器を引き継ぐ新オーナーを募集!