こちらの案件は、募集を終了しました。

新潟県南魚沼市「サンバレーひぐち」。 四季折々で賑わう民宿の後継者を募集!

新潟県
24時間以内に9人が閲覧しています

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談は お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。

新潟県南魚沼市「サンバレーひぐち」。 四季折々で賑わう民宿の後継者を募集!

新潟県中越地方に位置する南魚沼市。お米のトップブランド、コシヒカリの生産地として有名です。そんな南魚沼市の玄関口、関越自動車道の六日町ICから、車で約3分の立地にある民宿「サンバレーひぐち」。

冬季には2~3メートルも積もる豪雪地ですが、東京から車で約130分、上越新幹線では東京駅から越後湯沢駅まで約80分。越後湯沢から六日町まで車で約30分という利便性の良さもあって、四季折々、様々なお客さんでにぎわう民宿です。

「ガンバレーひぐち」の別名でも愛される民宿「サンバレーひぐち」。住まいやこだわりの取り引き先も含めて、あとを引き継ぐ後継者を募集します。


スキー客、工事関係、お子様連れの家族から学生まで幅広い客層

春は新緑と山菜、夏は避暑・合宿・登山・鮎釣り、秋は全山紅葉、ハイキング茸狩り、冬はスキー、スノーボードのメッカと四季折々変化に富んだ自然に恵まれた南魚沼。「サンバレーひぐち」はビジネス、レジャー、合宿のお泊まりに会合、各種宴会にと四季を通じて利用されています。

晴れた日には民宿から、霊峰「八海山(はっかいさん)」の山並みが美しく見えます。

経営者で創業者の樋口昭夫さんが撮影した八海山の写真も、食堂に飾ってあります。妻の満恵(みつえ)さんの出身は松之山(現十日町市)で、ブナ林が美しい「美人林」の写真も。


客室の窓からは、越後三山のひとつ「八海山」の雄大な姿を見ることができる

昭夫さんは、東京深川の生まれ。3才で母の実家がある六日町へ移住しました。

趣味は写真撮影で、一昨年くらいまでオリジナルのカレンダーを作り、お客さんにプレゼントして、大変喜ばれていたそうです。「やめた年は寂しかったわね」と満恵さん。


樋口昭夫さん夫妻

昭夫さん「家族ぐるみで来てくれるからね、本当にありがたい。民宿の仕事は、いくつになってもやりたいのだけど、私たち夫婦もだんだん高齢になってきたので……」

昭夫さんが民宿を始めたのは、昭和47年(1972年)。当時はスキー場がとてもにぎやかな時代でした。

今とは別の場所で6年間営業してから、高速道路の建設で立ち退くことになり、現在の場所へ移転しました。高速道路、新幹線、ダムの建設。工事関係でのお客さんが宿泊しました。


「ひぐち」から車で5分ほどの所にあるファミリー向けスキー場MUICAスノーリゾート

冬は、スキーのお客さん。「ムイカスノーリゾート」が、車で約5分の近場にあります。中・上級者用のコースの他、スノーエスカレーター完備のキッズパークもあり、小さなお子さんも楽しめるスキー場です。

夏には合宿の受け入れもあり、関東などから多くの大学生が夏休み、宿泊します。「合宿免許(車の免許取得のための合宿)」でも利用されました。

満恵さんは「うちの孫たちも、大学生のおにいちゃん、おねえちゃんにかわいがってもらってねえ。わいわい、にぎやかだったわね」と話し、笑顔になりました。

自慢の料理とお酒。取引先も引き継げる


しかし最盛期は昭和50年~60年代で、今はその三分の一くらいになってしまったそうです。

昭夫さん「でも、インターネットを使って、SNSでの発信をうまくやれば、もっとお客さんは増えると思うんです。若い人なら、そういうの上手でしょう」

と期待しています。今、予約は電話のみの受付で行っています。

宿泊は、素泊まり、朝食付き、夕食付、二食付きと選べますが、食事つきを選ぶお客さんがほとんどです。南魚沼といえば、やっぱりお米の美味しさが魅力。せっかく南魚沼に泊まるなら、ぜひ「南魚沼産コシヒカリ」を賞味したいという方が多いのです。


使っている米は契約農家から届けられる「魚沼コシヒカリ」。契約農家も引き継げる

今も、その美味しさには自信をもって提供しています。車で10分ほどの地域(青木新田)で作られた南魚沼産コシヒカリを、農家さんから直接、仕入れています。

昭夫さん「一口で南魚沼産コシヒカリと言っても、地域で微妙に味が異なるんですね。魚野川(うおのがわ)のこっちと向こうでも違うと言うし。私は、ここから近い、その地域のお米が美味しいと思って仕入れているんです。うちの方のお米は特に美味しいですからね。水分が多くてもっちりと、香りも良くて」


春にはゴゴミやウドなどの山菜、夏には魚野川で採れた鮎など川魚、秋にはキノコ……。食材も豊富な南魚沼です。

「民宿なので、むしろ家庭料理が喜ばれるだろうと思って」と、民宿ならではのおもてなしを心掛けているそうです。

新潟といえば、美味しいお酒も有名です。地元の銘酒「八海山」、同じ市内の「鶴齢(かくれい)」なども取り扱っています。

長年築いてきた関係も引き継ぎたい


南魚沼市は酒蔵が3つある「酒どころ」。地酒を売りにした展開もできる

事業の引継ぎには、お米の生産者さんや酒屋さんなどの取引先の紹介も可能です。

昭夫さん「問屋さんも喜ぶから、ぜひ紹介させてもらいたいです」


山小屋を思わせる食堂

ちなみに、八海山の蔵元「八海醸造」がある長森には、お蕎麦屋さんやお菓子屋さんなど集まる「魚沼の里」があります。そこでは「雪室」や酒蔵の見学もできます。

鶴齢の蔵元「青木酒造」がある塩沢には、三国街道旧塩沢宿を再現した「牧之(ぼくし)通り」があります。

どちらも車で10~15分の距離。観光にもおすすめできます。

充実した施設と住居を是非活用して欲しい


民宿施設は4畳半から21畳まで、合計14部屋あり、全て和室(畳)です。

宴会場が和室と洋室あり、それぞれ50名まで宴会できます。食堂は41名まで利用できます。

他にも男女別のお風呂、コインランドリー(全自動洗濯機3台、ガス乾燥機2台)もあります。


大浴場は天然温泉のような湯質を楽しめる

民宿施設以外も、自宅として2部屋とユニットバスの引き継ぎを希望されています。家族で住んでも十分な広さがあります。

昭夫さん「民宿をやりたいという人がいて、雪国で暮らしてみたいねということであれば、ぜひ今の民宿を承継してほしい。このまま使えるから十分に活用して、続けていってもらいたい。そのために必要なこと、たとえば除雪などについても、機材の貸し出しなど支援したいと思っています」


長女の由里子さんが今、東京に住んでいて感じるのは、「南魚沼の四季のすばらしさ」だそうです。

由里子さん「冬は除雪で大変ですが、雪が降るのを楽しみにしています。寒い中に帰ってきて、あったかいコタツにあたるのもいいし、春が来るなとワクワクするのも、山菜採りに行くのも楽しいですよ。ここは自然の魅力にあふれています。時々旅行に来るのも楽しいと思いますが、雪国の良さは一年を通して住んでみて一番実感できると思います」

四季折々のすばらしさたっぷりの南魚沼で、民宿を引き継いでみませんか?


事業者情報

所在地
新潟県南魚沼市余川1784-6
代表者
樋口昭夫
創業
昭和47年7月
業種
旅館業
会社形態
個人
従業員
2名
営業時間
終日
定休日
なし

relayでは事業の買い手を募集しています。

新潟県南魚沼市「サンバレーひぐち」。 四季折々で賑わう民宿の後継者を募集!

  1. オープンネーム事業承継 relay
  2. 新潟県
  3. 新潟県南魚沼市「サンバレーひぐち」。 四季折々で賑わう民宿の後継者を募集!