こちらの案件は、募集を終了しました。

事業の可能性は無限大。歴史ある港町のスーパー&お弁当やさんの後継者を募集!

香川県
24時間以内に16人が閲覧しています

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談はお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

香川県の東の端に位置する東かがわ市引田。古い町並みを今に伝えるアンティークな趣のある港町です。そこに、代々受け継がれてきた地元密着型のスーパー「ユーマートウジハラ」があります。現在はスーパーを閉店し、配達のお弁当屋さんのみを営んでいます。やさしい味の手作りのお弁当は、地元のお年寄りや企業の従業員向けの昼食として人気があります。

惜しまれながら、やむなくスーパーを閉店。お弁当一本に

「ユーマートウジハラ」の内観

「ユーマートウジハラ」は戦後すぐに事業を始め、昭和28年に「スーパー」として創業。地元の台所として半世紀以上に渡って地域に貢献してきました。200坪ある店内は引田港で水揚げされた鮮魚や香川産の野菜、果物、手作りのお惣菜などが並び、全盛期には従業員23名で営業をしていました。小海老を贅沢に調理した「えびそぼろずし」はユーマートウジハラの看板お惣菜で、全国のテレビ局から取材がくるほど。店内には小売りスペースの他に喫茶スペースもあり、近所のお馴染みの人々が集まる「居場所」としての役割も果たしていました。

小海老が引田港でとれなくなったこともあり、今はもう作っていませんが、お客様からいまだにあの「えびそぼろずし」がもう一度食べたいとよく言われるそうです。

15年前にスーパーを全面改装し、お弁当の配達も始めました。しかし、従業員が高齢化して後継者がいないことから、令和2年4月に惜しまれながらもスーパーを閉店し、お弁当の配達事業に一本化して今に至ります。

宇治原さん「閉店してからも地元の方々は惜しんでくれています。近所にチェーンのスーパーはあるのですが、少し遠いし、馴染みの食材がないから困ると言われます」

口コミで広まった地元の味、手作りのお弁当

「ユーマートウジハラ」のお弁当

お弁当の事業は、お年寄りの個人宅や地元の企業に月曜日から土曜日までお昼の時間のみ配達しています。手作り中心のお弁当は、やさしい地元の家庭の味。日替わりでメニューが変わるので、飽きがこないと評判で、1日約300個をリピーターのお客様から受注しています。また、地元の居酒屋さんに依頼されて作っている別注料理やお節料理、節分の巻きずしなどお弁当以外の注文も受けています。

宇治原さん「お弁当配達の営業は一切していないんですよ。人から人への口コミで広がっていった感じですね。今は片道20キロの範囲で配達に行ってますが、そのほかの地域からも来て欲しいって言われています。でも、私たちも歳なんでね、お断りしている状態なんですよ」

現在は、ご夫婦と従業員さん9名とでお弁当やさんを運営していますが、年齢もあり事業を誰かに継承してほしいと考えています。

宇治原さん「私は、もう歳も歳なので、誰かやる気のある人に引き継いでもらえたらいいなと思っています。もっと利益だせるのにな、もっとお客さん満足させてあげられるのにな、といつももったいなく思っているんです」

事業に必要なものが全てそろった店舗を丸ごと引き継げる

「ユーマートウジハラ」のスーパー店内

現在の取引先やお弁当のレシピ、配達用の車(6台)、厨房の機材など、事業に必要なものはすべて引き継ぐことができます。

宇治原さん「昔人気やった“えびそぼろずし”や“穴子入り巻きずし”のレシピも全てお渡しできますよ。酢飯を混ぜる機械もあるから、節分の時もたくさん作ることもできます。スーパーが開いていたころは巻きずしを800本も巻いてすべて完売しました」

お弁当やさんだけを継いでもらうこともできますが、もちろんスーパーを再開することも可能です。冷蔵庫や冷凍庫、陳列台、生け簀、レジスターなど、全てそろっています。JR引田駅から徒歩5分のところにあるお店は交通の便もよく、10台以上停められる駐車場もあります。

もし県外から移住してくる場合や引田内で住居を探す必要がある場合は、店舗の2階に居住することもできます。敷地200坪の店舗の2階は、バストイレ付きの居住スペースが2か所あり、家族で住むことも可能です。過去に展示会として利用していたお座敷36畳や倉庫など、広いスペースがあります。

過去に展示会として利用していたお座敷

舞台はそろっている状態。あとは行動のみ

宇治原さんご夫妻

宇治原「今はお弁当だけやけど、お弁当以外にもいろいろできると思います。スーパーはもちろん、喫茶スペースだった場所はビールサーバ―まで揃っているから、居酒屋もできるし。あと、2階の居住スペースを改装したら、宿泊施設やデイケアなどの高齢者施設にも利用できるんじゃないかな」

お弁当の配達はお昼のみなので、毎日の仕事は昼過ぎには終わります。もっと事業を拡げたければいくらでも拡げられる時間と可能性があります。必要な設備は全て整っている状態なので、事業を継承するだけでなく、その後さらに発展させていく伸びしろが無限にあります。

災害の少ない香川県。全国からの移住者も年々増加中

引田城近くの風景

東かがわ市は、香川県と徳島県の県境に位置します。香川の県庁所在地の高松までは有料道路を利用して約1時間。徳島市内へは約40分と便利な土地です。また、瀬戸内海に面している港町なので、少し歩けば、キラキラと輝く海がすぐそこに。釣りや海水浴など自然を感じながら暮らすことができます。養殖のハマチやキャビアなど海の幸も豊富で美味しく、国産シェア90%を誇る手袋など産業も盛んです。

同じ東かがわ市の五名地区は移住先として全国から注目を集めており、今後引田にも移住者が増えることが予想されます。東かがわ市は「空き家リフォーム補助制度」を設け、移住者を積極的にサポートするなど公的にも積極的に受け入れています。

事業の伸びしろはたっぷりと。やる気のある後継者を募集!

「ユーマートウジハラ」の外観

宇治原さん「お弁当屋さんを継承してくれてもいいし、他の事業を始めてもいいし、誰かの夢をかなえる舞台はそろっているので、私たちが残してきたものを役立ててくれたら嬉しいです」

人から人へつながってきたバトンを、古い町並みで歴史を感じながら、新しい風を吹き込み、未来へとつないでみませんか?

relayでは事業の買い手を募集しています。

事業の可能性は無限大。歴史ある港町のスーパー&お弁当やさんの...