こちらの案件は、募集を終了しました。

マスターのこだわりと半世紀の歴史が詰まった純喫茶。福岡県柳川市「珈琲廊 ゴンシャン」を引き継いでくれる方を募集!

福岡県
24時間以内に13人が閲覧しています

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談は お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。

マスターのこだわりと半世紀の歴史が詰まった純喫茶。福岡県柳川市「珈琲廊 ゴンシャン」を引き継いでくれる方を募集!

福岡県きっての観光地、柳川の駅をおりて少し歩くと、国道沿いに見えてくるのは重厚なコンクリート造の建物。その1階にあるのが、今となっては珍しい純喫茶「珈琲廊 ゴンシャン」です。

オープンしてから半世紀が経とうとしている老舗のお店ですが、ご主人の北島敏秋さんの体調が芳しくないこともあり、2022年9月30日をもって閉店となりました。北島さんのこだわりが詰まったインテリアと装飾の数々に加えて、長年の喫茶店経験の賜物である焙煎技術をまるごと引き継いでくれる方を探しています。

全国の喫茶を巡って練り上げたこだわりのお店

視界を遮るものがない見晴らしの良いカウンターの向こう側には美しいステンドグラス、手前にはサイフォン式の道具、ほかにも店内にある椅子や小物のひとつひとつには北島さんのこだわりがたくさん詰まっています。

北島さん「お店を始めた頃は『喫茶店経営』という専門の雑誌なんかもあって、それも見ながらこだわりのあるお店を全国巡って研究したんですよ。神戸のにしむら、それから東京の銀座にある琥珀亭、福岡だとサン・フカヤには顔も覚えられるくらいしょっちゅう行ってましたよ」

店名のゴンシャンは、柳川の方言で「お嬢さん」という意味で、父親が名付けてくれたそう

ゴンシャンの店内で特徴的なのが、menuという小さな文字とともに女性の顔が彫られた木箱。お客さんが「これなんですか?」と聞いてきたら、その人はゴンシャンに来たのが初めてだと分かるくらい、他のお店ではあまり見かけないものだそう。

北島さん「オープンした頃は、インドネシアに行ったときに買った箱を使っていたんですけど、大分の由布院に行ったときに偶然、こうした木箱のメニューを置いている喫茶店に入ったんですよ。ひと目で気に入って、誰が作ったのかを尋ねて職人さんのところまで行って作ってもらうようにお願いしたんです。もう30年以上経ちますけど、まだまだ使えてますね。

お店のシンボルでもあるお嬢さんのマークは、佐賀の作家さんにお願いして、切り絵で作ったもらったんですよ」

インタビューに答えながら珈琲を淹れてくれるマスターの北島敏秋さん

モノつくりに親しむ環境で育ち、大学卒業後は喫茶の道へ

お手本を見ながら、北島さんご自身が一晩で10脚以上ある椅子に彫ったそう

ご家族が設計の仕事をしていたこともあってご自身も手を動かして作るのが好きで、店内の内装はすべてご自身で図面を引きながら考えたそう。店内の家具は全て木製家具の産地として有名な隣町、大川市の職人さんが手掛けたものです。他にも、外にある電灯や看板にいたるまで、北島さんの思いとこだわりはお店の至るところに詰まっています。

平成元年にはお店のインテリアをリニューアル。50年近くにわたって丁寧に使い込まれた空間は、そのままでも十分に使えるほど、清潔かつ綺麗に保たれています。

目線が重ならないよう高く設計された背もたれの椅子と、奥には重厚な音が響くクラシカルな音響機器も

シンプルなコンクリート造りの外観に、木製の建具と電灯がアクセントになっている

珈琲の技術に加えて、デザートの作り方も伝授

北島さんが丁寧に淹れるサイフォン式の珈琲が美味しいのはもちろんのこと、ゴンシャンの魅力は豊富なデザートメニューにもあります。コーヒーゼリーからプリン、フルーツムースにいたるまで全て北島さんの手作りです。

北島さん「特にプリンが人気なんですよ。コーヒーゼリーは福岡市内の喫茶店・ホルンで働いている頃に仕込まれた味です。大学卒業後に入社したUCCでは、フルーツパーラーでも働いていたんですよ。福岡と佐賀にある純喫茶でフルーツムースをだしているのはここくらいじゃないかな」


珈琲豆は北島さんが厳選したものだけを仕入れ、お店にある3kgの焙煎機で焙煎し、販売もしています。

北島さん「お店をオープンした頃は、2階で1kgの焙煎機を使ってこっそり焙煎して珈琲を出してたんです。そうしたら、お客さんから美味しいと評判になっちゃって、焙煎機も大きいのに買い替えて今でも使っています」

北島さん曰く、ある日大手珈琲チェーンの社員さんが尋ねてきて、珈琲の淹れ方を訊いてきたことがあるほど、北島さんの技術は折り紙付きです。


引き継ぐ方には、北島さん特製デザートのレシピや作り方を教えてもらうこともできます。ゴンシャンは建物の設計当初から喫茶店を想定して作られた場所でもあるため、基本的には同業種での営業を考えている方が対象です。また、建物と内装は可能な限り現状に近い状態でお渡しし、毎月の賃料をいただく形での引き継ぎを希望されています。

引き継ぎの対象となるのは建物の1階部分にあたる16坪ほどで、席数は30弱です。2階には引き続き北島さんご夫婦がお住まいになられる予定です。こじんまりとして居心地の良い空間ですが、お店として営業していくには一人では難しいそう。実際、北島さんも50年近くずっと、奥様とお二人でお店を切り盛りされてきました。

喫茶ゴンシャンの素敵な空間と北島さんの想いを引き継いで、この場所で新たにスタートを切りたいという方からのご応募をお待ちしています。

事業者情報

商号珈琲廊 ゴンシャン
所在地〒832-0822 福岡県柳川市三橋町下百町12−2
代表者北島敏秋
創業1973年
業種飲食業
形式賃貸(賃料等は要相談)


relayでは事業の買い手を募集しています。

マスターのこだわりと半世紀の歴史が詰まった純喫茶。福岡県柳川市「珈琲廊 ゴンシャン」を引き継いでくれる方を募集!

  1. オープンネーム事業承継 relay
  2. 福岡県
  3. マスターのこだわりと半世紀の歴史が詰まった純喫茶。福岡県柳川市「珈琲廊 ゴンシャン」を引き継いでくれる方を募集!