プロ野球選手から経営者、地元ファミリーまで足繁く通う。40年間愛され続ける肉料理店「牛屋」の後継者を募集!

愛媛県
24時間以内に19人が閲覧しています

こちらの案件は、後継者募集中です。

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談は お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。

プロ野球選手から経営者、地元ファミリーまで足繁く通う。40年間愛され続ける肉料理店「牛屋」の後継者を募集!

愛媛県松山市に、地元で知らない人はほとんどいない肉料理の老舗店「肉料理 牛屋(ぎゅうや)」があります。

40年以上続く同店は、県内外を問わずファンが多く、芸能人やプロ野球選手などの著名人も足繁く通う有名店です。現オーナー・川崎和馬さんは、地元で愛され続ける同店の後継者を募集しています。

プロ野球選手も足繁く通う肉料理専門店

今年創業40年を迎えた、肉料理専門店「牛屋」。
創業から約35年間は、和牛ステーキをメインとしたお店でしたが、現オーナーが権利を買った5年ほど前から、徐々に「焼肉メニューを入れてください」という声がお客さんからあがってきたといいます。

その後、和牛以外の焼肉メニューを拡充し、今では最上級シャトーブリアンや希少部位を堪能できる肉料理専門店として、多くのお客様に親しまれています。


また、店頭ではシャトーブリアンのお弁当販売や、ECサイトでステーキやバーベキュー用のお肉、ハンバーグなどを販売しています。

お店に訪れる客層は30代から60代が中心ですが、県外からはファミリー層も多く訪れます。

また、掘りごたつの個室が数部屋あるため、接待などに利用されることも多く、現在は夜だけの営業で1日の売り上げ平均は5万円から8万円。繁盛時は15万円から20万円ほどになることも。


川崎さん「牛屋の部屋を見てもらったらわかるんですが、芸能人やプロ野球選手もよく来店されます。先代が野球選手と仲が良かったみたいで、1回来ていただいてから『牛屋がうまい』と野球選手の中で広まったみたいで。先代の時からの牛屋ファンの皆さんが今でも来てくださっていますね」

他の飲食店とは違う客層で、自身の勉強にもなる

牛屋の創業は1982年3月。
大阪で約15年、ジャンルを問わずさまざまなレストランで修行を積んできた先代オーナーが、地元愛媛に帰郷して開業したのが「
本格和牛肉料理 牛屋」でした。


地元・松山では有名な肉料理屋さんで、近隣町の出身だった現オーナー川崎さんも、幼稚園の頃からよく通っていたといいます。そんな川崎さんは、22歳から独立し、バーや焼き鳥屋、居酒屋、タピオカ屋など自身の店舗を数多く経営してきました。コロナ禍で経営が厳しい時も、居酒屋のスペースを活用して婚活イベント事業にも着手するなど、意欲的に活動してきました。

川崎さんが牛屋を引き継いだのは、70歳を迎えた先代から「歳やけん、ずっと生きよる人に引き継ぎたい」と話を持ちかけられたことがきっかけでした。


引き継ぎ後は、ステーキだけでなく焼肉も提供し始めたことから、店名を「本格和牛肉料理 牛屋」から「肉料理 牛屋」に変更しましたが、"牛屋"という親しまれた名前はそのまま。

焼き鳥屋など、幅広いジャンルの飲食業を経営してきた川崎さんだからこそ気づいた「牛屋を経営する魅力」があるといいます。

川崎さん「牛屋は接待などでも使われるお店です。経営者の方が多くいらっしゃるので、とにかく勉強になりますね。いろいろな方とのつながりが増え、どんな事業をしている人にとっても勉強になることが多いお店だと思います」

厨房器具一式のほか、ECサイトも承継可能

今回承継に踏み切る理由は、「他の事業に注力するため」という川崎さん。

承継の対象となるのは、店舗や、お皿などを含む厨房器具一式、レシピ、仕入れ先、「牛屋」の屋号です。


牛屋で提供しているお肉は、紹介がないと卸してもらえない業者さんですが、仕入れ先をそのまま引き継ぐことができるのは大きな強みです。

また、注文から会計までのシステム及び牛屋のEC(通販)サイトも任意で引き継ぐことができます。コストがかかったり、承継方法が少し複雑になるため、後継者の方の希望に応じて相談という形になります。

また、店舗の家賃は電気代込みで月額約25万円。レシピは3日程度で川崎さんから直接引き継ぐことができます。

川崎さん「メニューに関しては、先代から受け継いだレシピどおりに提供しています。アルバイトでもできるようにマニュアル化はしているので、引き継いだ人もレシピを見ればそのまま再現できると思います。もちろん、口頭でも説明しますよ」

40年以上続くお店を継ぐ覚悟のある方に継いでほしい

「牛屋」は、先代オーナーから引き継いだ、川崎さんにとっても大切なお店。
先代に後継者を募集する旨を伝えると、「引き継いでくれる人がいるならいいんやない」と、前向きに捉えてくれたといいます。

川崎さん「先代はご自身がつくられたお店なので、これからも長く続けてほしいという想いが一番強いみたいです」


現在は、他店舗の経営状況の都合で17時〜23時の夜のみの営業ですが、松山市のオフィス街という好立地であることから、川崎さん曰く、ランチタイムもやり方次第で収益が見込めるといいます。

また、松山市は交通の利便性も高く、家賃も安いことから、地方に馴染みがない人でも抵抗なく住めるのではないかといいます。

川崎さん「もちろん肉料理専門店なので、お肉のことをある程度わかっている人の方がいいとは思います。ただ、先代から含めて40年以上続くお店なので、そこを引き継ぐ覚悟があるかが一番大事だと思います。正直、レシピの味や焼き方をしっかり教えれば、そこまで難しくはないと思っているので。年齢問わず、とにかくやる気があって、これからもずっと継続していただける方に引き継いでもらえたらうれしいです」

地元で長く愛され続け、地域の一つの顔になりつつある「牛屋」を、ぜひ引き継いでみませんか?

愛媛県松山市で事業を引き継いでみませんか?
この案件について問い合わせする

relayでは事業の買い手を募集しています。

プロ野球選手から経営者、地元ファミリーまで足繁く通う。40年間愛され続ける肉料理店「牛屋」の後継者を募集!

一度、話を聞いてみませんか?

一度、話を聞いてみる
会員登録(無料)をすると案件に
お問い合わせいただけます
無料で会員登録する 会員の方はこちら
  1. オープンネーム事業承継 relay
  2. 愛媛県
  3. プロ野球選手から経営者、地元ファミリーまで足繁く通う。40年間愛され続ける肉料理店「牛屋」の後継者を募集!