こちらの案件は、募集を終了しました。

こだわりのとんかつを作り続けて35年。地域に愛される名店「かつかい州」を継ぐひとを募集!

宮崎県
24時間以内に4人が閲覧しています

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談は お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。

こだわりのとんかつを作り続けて35年。地域に愛される名店「かつかい州」を継ぐひとを募集!

宮崎県の南部に位置する日南市。奇跡の商店街と言われる「油津商店街」や城下町「飫肥」、海岸線の岸壁に建つ「鵜戸神宮」など、観光資源にも恵まれなにかと話題にあがるまちです。

そんな日南市の中心部、日南市役所からほど近くの場所にお店を構える「かつかい州」。ランチ時には行列のできる人気店です。

創業35年を迎え、地元に愛されてきた人気とんかつ店の店舗を継ぎ、新たな賑わいを創り出すひとを募集します。

とんかつが好きでとんかつ屋さんを始めた


「かつかい州」は、日南駅から徒歩5分という恵まれた立地に位置します。同県高千穂町出身の69歳、甲斐さんが店主を務めます。とんかつの「かつ」とご自身のお名前を合わせて「かつかい州」と名付けました。

甲斐さん「1987年に創業して、今年で35年目です。最初は、市役所の真裏に借りた店舗で始めました。そこでは4年間続けて、バブルの時期に現在の店舗を建てて自分の店を持つことができました」


1991年の移転からちょうど30年を迎えた「かつかい州」ですが、創業当時周りにとんかつ屋さんはなかったそうです。

甲斐さん「元々とんかつが好きで、どこに行ってもとんかつを頼んでいました。当時日南にはご飯を食べるところがあまりなく、困っているという声に応えられる店を自分でやりたいという想いがありました」

そのようなきっかけで、甲斐さんは宮崎市にあったとんかつ店で修行を積んだ後に独立し、現在まで35年間続けてこられました。

甲斐さん「本当に幅広いお客様にお越しいただいています。小さなお子様を連れたご家族から若い女性、おじいちゃんおばあちゃんまでさまざまです。」



取材にも明るい雰囲気で応える甲斐さん。カウンター席にテーブル席、座敷席まで揃う広い店内は取材に伺った際も多くのお客様で賑わい、活気に溢れていました。

看板メニューは、人気のヒレカツとチキン南蛮が一緒に楽しめる「デラックス」。トマトや青じそをまいた「ロールとんかつ」などのオリジナルメニューも人気です。


 

こだわりは自家製パン粉を用いた衣


「かつかい州」の人気メニューやこだわりについて伺いました。

甲斐さん「一番の人気は、脂身の少ないヒレとんかつです。チキン南蛮ブームの頃は、県外からもチキン南蛮を求めていらっしゃるお客様が多かったです。一番のこだわりは、自家製のパン粉を使っている点ですね。油切れの良さには自信があります」


子供からご高齢の方まで広く愛される「かつかい州」ですが、もちろん苦労された時期もありました。

甲斐さん「創業当初は予想に反して好調で、移転したタイミングではさらに大きく売上が伸びました。しかし、バブルが弾けた頃はお客様がパッタリと来なくなってしまい本当に大変でした。」


そのような中でも印象に残る、お客様とのエピソードについても伺いました。

甲斐さん「毎週ご夫婦でお見えになる常連さんもいて、そのお二人に『一緒にお茶を飲みましょう』とお誘いいただきました。その際ご主人から『持病があるが、あなたの作るヒレカツだけは胃もたれせずなんともない。一体なぜなのか』と言われた事が印象的でした」

こだわりの衣は脂が口に残らず、リピーターが増えるきっかけになっているそうです。

70歳、元気なうちに承継を

続いて、店舗周辺の情報も教えていただきました。

甲斐さん「この辺りは日南市の中心部で、へそと言えるような場所。まだまだ賑わいが続く良い立地だと思います。」

災害も少なく、警察署も近いため治安も良いそうです。買い物なども近所で済ませられるため、店舗としてだけでなく暮らすうえでも安心できる環境です。


甲斐さんは以前から、事業の承継を検討されていたそうです。

甲斐さん「体力的にも厳しくなるので、70代で承継ができれば理想的だと考えていました。来年70歳を迎えるので、そろそろ一緒に厨房に入って修行を積んでくれる方に来ていただき今までの経験を伝えていきたいです」

店舗や仕事の引き継ぎ方は、全て後継者となる方の希望に沿いたいと考えています。


甲斐さん「お店の2階で暮らしているので、すぐに教えに来られます。もしも2階の住居を含めて建物全てを買い取りたいというのであれば、それも考えるかな」

近隣にはアパートやマンションもあるので、移住者による後継の場合でも2階の住居に限らず住む場所の確保は難しくない土地です。それでも甲斐さんは、後を継いでくれる方の意向にできるだけ合わせたいと話されます。

甲斐さん「人の動きが多く飲食店が適している場所ですが、お店のメニューを引き継ぐかどうかもその方次第だと思っています。ただし、とんかつ専門店ならではという作業はたくさんあります。刺身定食をやって、ちゃんぽんもやって…とあれこれ広げると、とんかつ屋をやるのは難しいだろうと思います。」

甲斐さん曰く、周辺では14時〜17時の時間帯に営業している飲食店が多くないため、体力さえあれば通し営業もおすすめとのことです。

人生の半分、共に歩んだお店

承継後はこの店に自分も食べに来たいとお話される甲斐さん。どのような方に後を継いでほしいとお考えなのでしょうか。

甲斐さん「若くて、家庭があり責任感を持っている人が望ましいです。あとは、できれば綺麗好きな人だと嬉しいです。これまでずっと、厨房やトイレも綺麗であり続けるよう心がけてきました。」


とんかつ屋さんというと床が脂ぎっているようなイメージがあるかもしれませんが、かつかい州の床はどこもピカピカ。甲斐さんは毎日床をデッキブラシでこすり洗いし続けてきました。

きついからとすぐに投げ出さず、お金を稼ぐ意欲と責任感をしっかり持ってほしいというのが甲斐さんの考えです。

最後に、長年勤め上げてきたこのお店に対する思いをお話ししていただきました。


甲斐さん「『よく付き合ってくれた』というのが、お店に対する想いです。人生の半分、一緒に歩んできた存在です。色々ありましたが、今振り返ってみるとスムーズにやってこられたと思います」

若く責任感がある方に、思い入れのあるこのお店を引き継いでほしいと語る甲斐さん。そんな想いを受け、この地で多くのファンを生み出してきた「かつかい州」を受け継ぐひとを募集しています。


relayでは事業の買い手を募集しています。

こだわりのとんかつを作り続けて35年。地域に愛される名店「かつかい州」を継ぐひとを募集!