こちらの案件は、募集を終了しました。

宮崎でも希少な日南焼酎が飲めるbar!焼酎を愛してやまない二代目店長募集!

宮崎県
24時間以内に3人が閲覧しています

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談は お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。

宮崎でも希少な日南焼酎が飲めるbar!焼酎を愛してやまない二代目店長募集!

宮崎市最大の飲食店街ニシタチ。そこにJAZZが流れる大人な雰囲気のバー「焼酎barミヤザキニチナン」があります。宮崎でも珍しい日南焼酎を飲み放題で提供する焼酎好きにはたまらないお店です。

運営をするのは、Local Local株式会社。このたび店長の退任に伴い、飲食業の経験者で独立を考えている人に店長をお任せしたいと考えています。

焼酎がカウンターにズラリ


「焼酎barミヤザキニチナン」は、2020121日にオープンしました。店内には焼酎がズラリと並びます。驚くのはその本数。なんと日南の焼酎だけで5060本あります。

バックバーのカウンターが上下2段になっていて、下の段は一升瓶で約20本。これらは全て飲み放題です。上の段は4050本あって、別料金のプレミアム焼酎が並んでいます。焼酎を使ったお洒落なオリジナルの焼酎カクテルの提供もしています。

珍しい焼酎が自慢

「焼酎barミヤザキニチナン」には、ここでしか飲めない焼酎がそろっています。なぜかというと、日南市と串間市の焼酎蔵元が直営する「日南酒造会館」が経営してるからです。実は、宮崎県の南部に位置する日南市は、宮崎県の3分の1の蔵元が集中している酒どころです。


石橋さん「日南の美味しい焼酎をもっとたくさんの人に飲んでいただきたいです。日南市は酒どころとしてもっとフィーチャーされるべきだと思います」

客層に合わせて飲みやすい焼酎を提供

客層は、40代以降のサラリーマンや会社経営者、宮崎県を訪れる観光客などです。また、現在の店長が20代女性ということもあり、20代の女性も多く来店します。20代女性が6割、40代のサラリーマン、経営者層が4割となっているそうです。

石橋さん「焼酎にこだわったbarなんですが、焼酎を飲んだことがないというお客さまにご来店いただくこともあります。そういうお客さまには、好みを聞いて、飲みやすいソーダ割やカクテルにしてご提供しています」


一番の人気は、櫻乃峰酒造さんの「平蔵」。県内限定20度という焼酎で、ソーダ割にするとフルーティで飲みやすく、たくさんのお客さまに飲んでいただけているそうです。

石橋さん「蔵元にはオン・ザ・ロックや水割りで飲むことをおすすめされるのですが、お客さまの好みに合わせて柔軟に対応しています」

焼酎にこだわったお店だけれど、お客さまの好みを第一に考えているところがbarの人気の秘訣といえそうです。

焼酎の美味しさがお客さまに伝わることに喜びを

近年、若者のアルコール離れが進んでいるといわれています。石橋さんも宮崎県の若者の焼酎離れが進んでいると感じることもありますが、味を知らないだけで飲んだらとても美味しかったという言葉をもらい、嬉しく思っているそうです。


石橋さん「若い方も飲んだことがないだけで、飲んでみたらとても美味しかったと言ってくれます。焼酎を飲めなかった、もしくは飲んだことのないお客さまから、『焼酎飲めるようになったよ!』と言われた時は本当に嬉しかったですね。最終的に、『ボトルキープしたい!』と言い出してくれたりしてね」

また、焼酎が大好きな人にも、珍しい焼酎を提供したり新しい飲み方を提案したりして、焼酎の美味しさを再発見してもらい、やりがいを感じているそうです。

焼酎の開発に専念するため、お店は店長におまかせしたい

石橋さんは、本業の日南酒造会館で新しい焼酎の開発に専念したいという思いがあり、ゆくゆくは事業継承を視野に入れた店長候補を探しています。お店は、開発した新しい焼酎を試飲できるリアルマーケティングの場として、今後も活用していきたいと考えています。


石橋さん「焼酎好きの人に世に出る前の焼酎を試飲してもらい、感想を聞いて新しい焼酎を開発したいと思っています」

2022年の夏と秋に新商品を発売予定で、お客さまに飲んでいただくのを楽しみにしているそうです。

仕入れには困らない確立されたパイプライン


お店を引き継いだ後も、継続して日南酒造会館とつながりをもてるので、仕入れに困ることはありません。

石橋さん「店舗に入りきらないほどの焼酎の在庫があります(笑)。日南市の蔵元とのパイプラインもしっかりとできているので、ここでしか飲めない焼酎を提供することができますよ」

飲食業経験者で、独立を考えている人に、まずは店長としてお店を切り盛りしてもらえたらと考えています。

宮崎県外からの移住者もチャレンジできる環境

焼酎barミヤザキニチナンがオープンする前のお店は、和歌山県出身のオーナーでした。日南酒造会館のオーナーも関東出身です。


石橋さん「ニシタチの常連客からみると、県外の人がおもしろいお店をやっているという位置づけです。移住してきた人もチャレンジしやすいと思いますよ」

人との付き合いが好きな人にお任せしたい

オープン前の前店舗のお客さまも引き続き来ていただいているので、一定数の顧客はいるものの、新規顧客の開拓は必要です。

石橋さん「お店経営のスキルどうこうよりも、やはり飲食業は人柄が大切です。コミュニケーションが得意で、バランスよく人付き合いができる人に継いでもらいたいなと思っています」


石橋さん「焼酎に愛情がある人に店長をお任せしたいな、と思っています。焼酎に囲まれているだけで幸せ!という人が経営してくれると嬉しいです」

珍しい焼酎を取り揃えた大人な雰囲気のbar「焼酎barミヤザキニチナン」を経営してみませんか?

事業者情報

商号
焼酎bar ミヤザキニチナン
所在地
宮崎県宮崎市千草町8-23ニュー六本木ビル401
代表者
石橋 孝太郎
業種
飲食店・バー
創業
2020年12月
応募条件
飲食店での経験が2年以上ある方や、焼酎ソムリエ等の資格保有者等

relayでは事業の買い手を募集しています。

宮崎でも希少な日南焼酎が飲めるbar!焼酎を愛してやまない二代目店長募集!