【採用募集】117年続く秋田県男鹿市の「清水組」。「面白いことをやってみたい!」に自ら取り組める人材を募集!

秋田県
24時間以内に15人が閲覧しています

こちらは後継者の右腕となる人材の求人情報です

【採用募集】117年続く秋田県男鹿市の「清水組」。「面白いことをやってみたい!」に自ら取り組める人材を募集!

秋田県沿岸部に位置する男鹿(おが)市に本社がある「株式会社清水組」は、海上工事を含む土木工事や建築工事などのインフラ整備から不動産業・内航運送業まで様々な業務を行なっています。明治38年から117年続く歴史ある会社で、社員は71名。青森県の鯵ヶ沢町にも営業所があります。


消波ブロックなどを運ぶ『第七十八清水』は長さ43m(クレーンがついている船)

清水組の仕事は大きく分けて、公共土木工事の元請受注、大手建設会社や青森県で地元業者から下請受注する海上工事、公共民間問わず受注する建築工事の3本の柱で構成されています。

「家庭を顧みながら働く」が会社の目標

清水組の社長は2019年に5代目を継いだ「清水隆成(しみずたかあき)」さん。

大学を卒業してから県外の建設会社で経験を積み、清水組に入社。入社当時から会社内のコミュニケーションを大事にしていて、社長になってからも変わらず、社員と同じフロアで仕事をしています。

清水さん「寂しがり屋だからというのもありますけど(笑)。社員が社長という敷居の高さを感じて気軽に発言できない環境にはしたくないんです。自分にはない発想をポロッと言ってくれることもありますから」


5代目社長の清水隆成(しみずたかあき)さん

清水さんが思う「清水組で、秋田県男鹿市で、働く意義」は「働くこと、遊ぶこと、生きること、全てがリンクして自分の人生を満喫できる」こと。

清水組では、子育てにも柔軟に対応し、PTAや子供の部活の大会には極力行けるように調整します。「そこでしか会えない人がいて、そこでのつながりから何かが生まれることもある」と清水さんは考えているからです。

清水さん「日常生活と仕事が密接になっているからこそ、やる気になれば全て充実していく。清水組では「家庭を顧みながら働く」という目標を掲げています。会社にとっては普段の1日が、本人の人生にとってはその一瞬しかないこともある。人生を豊かに、濃くすることで、仕事の質も上がっていくのではないかと期待しています」

週休2日制や女性・男性を問わず育休も推奨しています。既に男性で育休を取得したのは3人。来月もまた1人、育休を取得する予定です。


来月育休を取得する予定の男性社員

技術の継承とともに、考える力を伝えていきたい

これからの仕事内容をみんなで確認している様子

清水組はベテラン社員から若手社員へ、技術を伝えていく仕組みづくりもできています。

現在、田んぼの区画整備を行なっている現場では、入社20年目の佐々木義嗣さんが技術職の入社1年目、2年目、3年目の3人を育てています。全体の工事の進捗などは佐々木さんが見つつ、3人にも少しずつ責任のある役割を担わせます。

1年目・2年目の社員は、先輩の仕事内容を見て、自分の未来の仕事を想像できるようにしているそうです。


入社3年目の菊池紗彩さん

入社3年目の菊池紗彩さんは「元々は土木関係の会社で働く予定はありませんでした。入社のきっかけは、清水組を見学したことです。本当に雰囲気が良くて。入社してからは右も左も分からない私を、ゆっくり見守りながら教えてくれているのが分かるので、頑張ろうという気持ちになります。

清水組は資格取得のための受験費や旅費を支援してくれるのが嬉しいです。私はいつか土木施工管理技士の資格をとって工事の責任者になりたいという目標があります。年の近い後輩が日々、身近にいることも刺激になっていますね」


入社20年目の佐々木義嗣さん

佐々木さん「若者の個性を把握しながら、できないことができるようになるための役割を分担するように心がけています。技術者として、言われたことだけを行うのではなく、考える力も伝えていけたらと思っています。3人でコミュニケーションをとっているのをよく見かけるので、辛いことは分散、嬉しいことは掛け算で過ごせているんじゃないですかね。私も一緒にいて人生の刺激になりますよ」

自分が『面白い』『楽しい』と思ったことを提案して採用されるのは嬉しい


6年前に入社した寺山美鶴さん

6年前に入社した寺山美鶴さんは、土日休みの事務職を探していたところにたまたま清水組の求人を見つけ、秋田営業所の事務へ応募。事務の仕事として採用されましたが、今は広報と採用も担当し、活動の一環として社員の働く姿を撮影・編集して、Webで公開をしています。

なぜ事務として採用された寺山さんが動画編集を行い、採用担当となったのか。そこには寺山さんの会社に対する熱意と、前向きな行動がありました。


職場内の男女共同参画に積極的に取り組むことを県と協定した企業に送られる盾

寺山さん「大きく建築・土木の会社と言っても、実際にはどんな仕事をしているのだろうとか、どんな雰囲気の会社だろうとか、分からないことは多いですよね。最初は会社見学の引率で現場に行った時に写真を撮る程度でした。

折角撮影したなら企業説明会で流すことや、動画を作成してYouTubeに流すことを社長に提案したところ、これまで清水組ではなかった『広報』という会社を発信する役割を与えてくれました。自分が『面白い』『楽しい』と思ったことを提案して採用されたのは嬉しかったですね。育児もしているので、時間に制限があるなかですが、自分のできることを精一杯やっています」

『面白そう』『やってみたい』を進んで取り組む人材

そんな清水組では「◯◯をやってみたい!」「人と人を繋いで新しいことをやってみたい!」という意欲ある20〜40代の人を募集しています。

男性・女性、文系・理系、技術職・営業職は問いません。これやってみよう!と自ら考え、進んで仕事に取り組む意欲のある人材を求めています。


清水さん「『もう会社の仕事がルーティンワークでつまらないから、新しく何か面白いことをやらせてくれ!』と自ら仕事を追加するくらい勢いがあると『面白いな』と感じます。また、昔から周りも巻き込んで「面白い事」を自らやろうとする人が好きでした。仕事も同じで、新しい「コト」を始めるために周りを巻き込む力を持っている人に魅力を感じます。

1人ではできないことでも、会社の肩書きがあるから出来るということもあります。会社としてはやりたいことに取り組む環境は整えるので、どんどん会社の名前と名刺を使って新しい行動をしてほしいですね」

「そのような人材を採用し、これからの清水組を一緒に盛り上げて、新しい風を吹かせていきたいです。その人がやりたいと思っているなら、現在の会社の事業の枠にとらわれなくてもいいと思っています」とにっこりと笑う清水さん。

仕事、家庭、コミュニケーションを大切にし「家庭を顧みながら働く」ことができる清水組。

「やってみたい!」を現実化させて濃い人生を清水組と一緒に歩んでみませんか?


田んぼの区画整備を行なっている土木現場の様子


募集者の氏名または名称株式会社清水組
業務内容

営業・総務

社長の右腕として、営業・総務をベースとしながら、社業全般における改善案を

企画立案実行、新規事業の企画立案実行など会社の未来を作る仕事

契約期間65歳定年に就業規則を改正中
試用期間の有無3ヶ月
就業場所秋田県男鹿市船越字船越285
電話番号0185-35-2011

就業時間

休憩時間

休日

時間外労働の有無

8:00〜17:00

12:00〜13:00

土日祝

賃金

年収400万円〜700万円

(年齢やキャリアにより応相談)

応募資格普通自動車第一種運転免許
加入保険協会けんぽ
雇用形態正社員
受動喫煙防止措置の状況屋内禁煙


秋田県男鹿市で事業を共に盛り上げていきませんか?
この事業者に問い合わせする

【採用募集】117年続く秋田県男鹿市の「清水組」。「面白いことをやってみたい!」に自ら取り組める人材を募集!

一度、話を聞いてみませんか?

一度、話を聞いてみる
会員登録(無料)をすると案件に
お問い合わせいただけます
無料で会員登録する 会員の方はこちら
  1. オープンネーム事業承継 relay
  2. 秋田県
  3. 【採用募集】117年続く秋田県男鹿市の「清水組」。「面白いことをやってみたい!」に自ら取り組める人材を募集!