氷見牛を取り扱う市内唯一のステーキハウス「レストラントロイカ」を引き継いで、氷見の新たな食文化を築いていきませんか?

富山県
飲食店
24時間以内に14人が閲覧しています

こちらの案件は、後継者募集中です。

本案件の一次対応は事業者より委託を受けて relay が行っています。ご質問・ご相談は お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。

氷見牛を取り扱う市内唯一のステーキハウス「レストラントロイカ」を引き継いで、氷見の新たな食文化を築いていきませんか?

“ 食の都 ”と評される富山県氷見市。季節が秋冬へと移り行くにつれて、食にまつわる企画やイベントが次々と開催されます。「氷見牛フェスタ(2022年10月21日 - 11月6日)」もそのひとつで、ブランド牛である氷見牛の美味しさを多くの人に知ってもらおうと実施されました。

氷見牛は、市内で12ヶ月以上の肥育が条件とされる黒毛和種で、かつ日本食肉格付協会が定める評価基準を満たした牛のことを言います。また、上位等級(A4ランク以上)が全体平均の85%以上というデータは、その質の高さを物語っています。

そんな氷見牛を市内で取り扱う数少ないお店「レストラントロイカ」は、先代から数えて65年以上もの歴史を持ちます。現在は、オーナーの谷内吉成さんが調理を、妻の律子さんがホールを担当していますが、二人は新たな食の価値を生み出す後継者を募集しています。


氷見でお肉を食べる文化は、世代を超えて

トロイカの歩みは、昭和31年(1956年)から始まります。谷内さんのお父様が氷見市中央町で洋食レストランを開店すると、商店街を訪れる多くの人をもてなしました。

平成16年(2004年)に現店舗(氷見市窪)へ移転すると、洋食レストランからステーキハウスへリニューアル。質の高いステーキとこだわりのワインを堪能できるお店として、市内外から高い評価を得てきました。 

レディースステーキランチ(氷見産コシヒカリ・国内産ホルスタイン種を使用)

谷内さん「私自身、子どもの頃からお肉が好きでした。氷見ではお魚を食べる習慣の方が定着していると思いますが、私としてはもっとお肉を食べて欲しい。そう思って肉料理を提供してきました。また市内では、ステーキを専門にしている料理店は無かったので、ステーキハウスをやろうと決めました」


西洋のアートやオブジェが目を引く店内を巡ると、テーブル席からカウンター席、個室に至るまで、さまざまな要望に応えられる用意がなされています。そのため、祝いの席などでもよく利用されるそうです。


谷内さんは、家族の食事風景に料理人として立ち会えることこそが、働くやりがいと言います。

谷内さん「開業から65年以上も経っていますので、昔からのお客さまもいらっしゃいます。何よりも家族のハレの日に、ステーキを食べにきてくださるのはとても嬉しいです。小学校へ上がる前の小さいお子さんが、親御さんからナイフやフォークの使い方を教わりながら、無心でお肉を食べている姿を見ていると、私も幸せな気分になりますよね」


素材の美味しさを、美味しいままお届けするために

「地元の人にもステーキを食べて欲しい」という谷内さんの想いから、トロイカはステーキを専門とするお店へと変化してきました。

谷内さん「移転当初は、ハンバーグなどの一般的な日替わりランチメニューも出していました。ところが次第に、ステーキランチの方がよく注文されるようになってきました。普段よりもちょっと特別なランチが、求められるようになったのかもしれませんね」

同店がステーキハウスとして知られるようになった頃、氷見では、同市で飼育されている牛をブランド化しようとする取り組みが始まります。谷内さんは、氷見牛ブランド促進協議会の理事も務めており、氷見牛の立ち上げから今日まで尽力してきました。


谷内さん「氷見牛の魅力は、何より生産者の方が手塩にかけて育てていることだと思いますね。ですので、氷見牛の仕上がりの良さ・美味しさを、そのままの状態でお届けできるよう調理しています」

市内の料理店で、氷見牛のステーキを提供している個人のお店はトロイカのみ。生産者とコミュニケーションを取りながら、美味しいお肉を美味しく提供するための努力を日々続けています。

お店のスタイルはこれから引き継ぐ人に委ねたい 

洋食レストランからステーキハウスへ、当店のスタイルは時代とともに変化してきました。そのため、今後どのような料理を提供するかの判断は、これから引き継ぐ人に委ねられます。

谷内さん「必ずステーキを提供して欲しい、という強いこだわりはありませんよ。ただ、専用の設備や道具が揃っていますので、ステーキや洋食の方がやりやすいかとは思います」


肉料理にはワインも欠かせません。当店では、それぞれのお肉に合ったワインを提供しているのはもちろんのこと、地下にはワインセラーも備えています。


この建物は当初、店舗兼住宅を想定して建てられました。居住部分にあたる2階は、新たに手を加える必要こそありますが、職住一体で働くことも可能です。

2階部分。シャワールームとトイレは設置済(写真奥)

氷見を好きになって、氷見に愛されるお店へ

谷内さんは、氷見の高校を卒業後、東京のフランス料理店で腕を磨いた経歴も持っています。その経験を活かして、魚料理を出していた頃もあったそうです。

「昔は、魚料理を出していた時期もありました。けれども、手間がかかりますし、若い時のように同時並行で調理するのが難しくなってしまいました。若い頃の元気があれば、品数を増やして、お客さまをもっと喜ばせたかったですね」


山と海、大自然の恵を受けている氷見は、食材の宝庫です。料理人のアイデア次第で、料理の可能性は無限大の広がりを見せることでしょう。

谷内さん「引き継いだ後は、ずっと長くお店をやって欲しいですね。せっかく氷見へ住まいも移すのですから、氷見を好きになって、氷見に愛される店になって欲しいです」

谷内さん夫婦からバトンを受け継いで、トロイカの新しい歴史を築いていきませんか?


文/写真:TomorrowWorks.編集部
住まい・暮らしに関するサポート:氷見市IJU(移住)応援センター・みらいエンジン
創業や経営に関するサポート:氷見市ビジネスサポートセンター・Himi-Biz

事業者情報

商号 レストラン トロイカ
所在地 富山県氷見市窪788-1
代表者 谷内吉成
創業 1956年4月
業種 レストラン
従業員 3名(谷内夫妻+パート)
営業時間 <ランチタイム> 11:30 〜 14:00 <ディナータイム> 17:00 〜 21:00
定休日 毎週火曜日
応募条件 2階建(+ワインセラー)の当建物は、1階が店舗、2階が居住スペース(※多少の改築要)としての利用が可能です。 引き継いだ後のお店のスタイルに関しては、承継者の判断に委ねられます。しかし、専門の設備や道具が揃っているため、ステーキハウスや洋食レストランの方が向いているかと思います。調理方法を教わることも可能です。

富山県氷見市で事業を引き継ぎませんか?
この案件について問い合わせする

relayでは事業の買い手を募集しています。

氷見牛を取り扱う市内唯一のステーキハウス「レストラントロイカ」を引き継いで、氷見の新たな食文化を築いていきませんか?

一度、話を聞いてみませんか?

一度、話を聞いてみる
ログインまたは新規会員登録 こちらの案件にお問い合わせするには会員登録が必要です
会員登録していただくと
  • すべての案件のお問い合わせが可能に!
  • お問い合わせ履歴や案件の募集状況をマイページでご確認いただけます。
  1. 事業承継マッチングプラットフォーム relay
  2. 富山県
  3. 氷見牛を取り扱う市内唯一のステーキハウス「レストラントロイカ」を引き継いで、氷見の新たな食文化を築いていきませんか?